パッタイは少し甘めの味付けのタイ風やきそば。ルアイルアイのパッタイは大ぶりのエビを使っていて、ピークン曰く「ルアイルアイのパッタイはぜいたく」。つまり、タイで食べるパッタイは豚肉だったり、鶏肉だったりの具が日常的で、生のもやし、ニラなどの野菜も一緒にたっぷりいただく軽食感覚のもの。

もやしやニラを生で食するのは日本人には驚きだが、これが慣れてくると無くてはならないものになってくる。大抵一緒にバナナの花の千切りも皿に載ってくる(もちろん生)。このバナナの花の少し渋い味がパッタイの甘めの味付けとよく合う。

ルアイルアイのパッタイには他に、たくあんを細かく刻んだもの、厚揚げを細かく刻んでさらに揚げたもの、干しエビ、ピーナッツ、などなど、いろんな具が入っていて、これをちびちびつまみながら酒を飲む、というお客様もいる。