日本で名前の知られたタイ料理のひとつ、タイのグリーンカレー。なぜ「グリーン」かというと、青いトウガラシを使っているから。「ゲーン」はカレー、「キアオ」は緑、「ワーン」は甘いを意味する。直訳すると「甘い緑のカレー」。

タイでは幅広くスープのようなものまでこの「ゲーン」という呼び名がついているが、日本人の思ういわゆるカレー的なタイのカレー「ゲーン」はみんなココナッツミルクベース。ゲーンキアオワーンにはナス、タケノコが必ず入っていて、あとは鶏肉、エビ、豚肉、なんでも合う!